スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年10月12日

フィリピン台風16号 日本政府が4億円の緊急無償資金協力


日本政府は9日、フィリピンのマニラ首都圏を中心とする台風16号による洪水被害に対する緊急支援として、国連世界食糧計画(WFP)を通じ、総額450万ドル(約4億円)の緊急無償資金協力をおこなうことを発表した。これは国連からの支援要請に応えたもの。

支援は、約67万人の被災者を対象として、緊急に必要としている食糧を援助することを目的としている。今回の決定に先立ち、日本政府は他国に先駆けて9月30日にフィリピン政府に対し、約2000万円相当のスリーピングマットや毛布などの緊急援助物資の供与を実施していた。

フィリピンに対する緊急無償資金協力としては、最近では、2006年11月30日に上陸し、ビコール地方を中心にルソン島南部に甚大な被害をもたらした台風21号(現地名:レミン)による被災者に対して100万ドル(当時:1億1000万円)の緊急無償資金協力を実施したが、今回の緊急無償資金協力(4億円)はそれよりもずっと大きい。

現地のメディアでも日本からの援助についてはトップ扱いで伝えられている。
日本政府は台風被災者救援のために450万ドル(2億1000万ペソ)を世界食糧計画(WFP)を通して供与した。これは台風16号(現地名:オンドイ)が9月26日に襲来した後、国防相が国際社会への支援を求めて以来、最大の支援となる。

Typhoon-battered RP appeals for int’l help

これまでに表明・実施された日本以外からの国際支援としては以下のものがあげられる

ユニセフ 300万ドル
スペイン 200万ドル
オーストラリア 170万ドル

国連ではフィリピンの台風16号被災者に対し総額7400万ドル(約67億円)の支援を呼びかけている。

以下は外務省プレスリリースからの転載。

フィリピン共和国における台風被害(我が国からの緊急無償資金協力)

平成21年10月9日

1. 我が国政府は、10月9日(金曜日)、フィリピンのマニラ首都圏を中心とする台風16号による洪水被害に対する緊急支援として、国連世界食糧計画(WFP)を通じ、総額450万ドルの緊急無償資金協力を実施することとしました。
2. 今次支援は、約67万人の被災者を対象として、緊急に必要としている食糧を援助することを目的とするものです。
3. 我が国としては、今回の災害によりもたらされた甚大な被害および我が国とフィリピン共和国の友好関係に鑑み、緊急無償資金協力を行うこととしたものです。
4. 我が国は、今回の決定に先立ち、9月30日(水)にフィリピン共和国政府に対し、約2,000万円相当の緊急援助物資(スリーピングマット、毛布等)の供与を実施しています。

【参考】
(1)台風16号による被害状況(5日午前4時時点の国家災害調整評議会発表。)
(イ)死者:295名
(ロ)行方不明者:39名
(ハ)被災者:392万9,030名
(ニ)家屋の倒壊:1万203棟(全壊4,270棟、半壊5,933棟)
(ホ)避難所(526か所)への避難者:33万5,740名
(ヘ)被災地域からの避難者(上記(5)以外):70万6,963名

(2)今次支援の詳細
3日、国連がフラッシュアピールを正式発表し、総額約7,400万米ドル(約67億円)の支援を要請したことに鑑み、以下のWFPのプロジェクトに対し450万米ドルの支援を行う。
実施期間:1か月
裨益者:67万人
支援内容:避難所で生活する被災民および、水浸しの家に取り残された人々に対し、米を配給。また人員および食糧等の援助物資を輸送するための航空サービスの運営を行う。
プロジェクト全体額:2,630万米ドル
(食糧援助:1,970万米ドル、ロジスティックスおよび通信支援:2万7,000米ドル、航空サービス:390万米ドル)

(3)今次被害に関し、9月28日、岡田外務大臣よりフィリピン共和国のロムロ外務長官に対し、日本国政府及び日本国民を代表して、亡くなられた多 数の犠牲者の遺族の方々への哀悼の意を表するとともに、被災者の方々の速やかな回復と復興を祈念するお見舞いメッセージを発出済。

【出典】外務省プレスリリース


posted by philnews at 01:45 | Comment(3) | TrackBack(2) | フィリピン台風・洪水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。