スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年11月06日

勝間和代さんがすばらしい

経済評論家の勝間和代さんが、民主党・菅直人副総理・国家戦略担当相とデフレ対策の議論を戦わせた。

カツマーの教祖Vs菅副総理 デフレ対策で通貨大量発行?

菅直人副総理・国家戦略担当相と経済評論家の勝間和代氏が5日、今後の財政政策などについて議論を戦わせた。勝間氏は「若年層の失業対策と財政再建の特効薬はデフレを止めるこだ」と主張し、日銀による金融緩和策を断行し大量の通貨を発行することを提案したが、菅氏は難色を示し、約1時間に及んだ論争は物別れに終わった。


勝間和代さんは「若年層の失業対策と財政再建の特効薬はデフレを止めるこだ」と主張し、日銀による金融緩和策を断行し大量の通貨を発行することを提案したが、菅氏は難色を示した。

勝間さんは

デフレ脱却策として日銀による金融緩和政策誘導を提唱し、「政府が応援すれば日銀はやる。もし菅氏が(日銀に)行くなら、私も横にいて応援しますから」と決断を迫った。

さらに

菅氏が「どうすればいいのか」と尋ねると、勝間氏は「紙幣をたくさん刷って、借金にして政府がばらまく。国債発行は悪くない。実際は投資であり、将来の税収なり投資した資産で賄えばいい」と大胆にたたみかけた。

しかし

菅氏は「勝間氏の話は極めて魅力的だ」と持ち上げつつ、「日銀がやってくれるなら明日にでも言おうかという気はあるが、どこかのお金を持って きて一時的に使っても、結局どこかのお金が使えなくなって返さなければいけなくなる」

と、難色を示し、議論は物別れに終わったそうである。


まず、勝間和代さんはすばらしいの一言。ここまで正面切って政府に日銀による金融緩和政策によるデフレ対策を求めたことが凄い。こうした、経済学の基本に忠実な経済評論家はすばらしいなあ。

勝間さんの「若年層の失業対策」こそが一番重要な課題で、そのためにはまずデフレを止めることが重要であり、なおかつ、デフレを止めることこそが財政再建につながるという認識の正しすぎること、正しすぎること。

それに対して、菅直人大臣の「どこかのお金を持って きて一時的に使っても、結局どこかのお金が使えなくなって返さなければいけなくなる」という返答は的を射ていないように聞こえる。そんなこと言ったら、全ての財政政策を否定することになって、経済における政府の存在意義はなくなる。不況下では家計や企業が合理的に行動すればするほど不況が悪化するので、それを食い止められるのが唯一、政府・中央銀行なんだから。

政府が日銀にデフレを止めるための金融政策の実施を要求しなければいけないのは次の記事が理由。


日銀は今後3年間デフレが続くことを予想していながら、インフレ的な政策は採用しないと明言している。デフレであることをわかっていながら、何も対策を打とうとしない中央銀行なんて、頭がくらくらしそうだ。ここで政府の側から日銀に対してデフレを止めるための金融緩和を要求しなければ、また何年も日本はデフレ不況の中で企業倒産、賃金カット、解雇、失業の増加を続けることになってしまう。そうすると、職に就けなかった若年層は職歴のないままさまよい、いざ、仮に景気が回復しても、その頃には労働力としての経験不足により取り返しがつかないようになっているだろう。

昨日の「日本とフィリピンのGDP推移」で示したとおり、こんなことしているのは日本だけなのだ。

それにしても、勝間和代さんのような知名度と人気のある経済評論家や、経済学者、そして経済学のわかっている国会議員が協力して日本の経済政策を正しい方向へ導いてくれれば良いんだけどなあ。

【関連】
勝間和代の本
勝間和代公式ブログ
勝間和代オフィシャルサイト


posted by philnews at 03:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。