スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年11月09日

マニュエル・マニー・ヴィリヤール候補 - フィリピン大統領選挙

2010年5月に予定されているフィリピン大統領選挙はノイノイ・アキノ上院議員が支持率60%を獲得し、圧倒的優位に進めているが、37%の支持率で第2位につけているのがマニュエル・マニー・ヴィリヤール(Manny Villar)候補である。

Manny Villar 01.jpg
マニュエル・マニー・ヴィリヤール候補

マニー・ヴィリヤール候補は上院議員であり、Nacionalista Party 党首。これまで下院議長(1998 – 2000)と上院議長(2006−2008)の両方を経験したことのある戦後初の国会議員でもある。

マニー・ヴィリヤール上院議員は大富豪として知られ、国会議員の中で一番多くの資産を有している。2007年のフォーブス・マガジン(Forbes) でもフィリピン第5位の富豪として位置づけられた。しかし、これらの資産は他の多くの富豪がスペイン系財閥または中華系財閥であるのと違い、彼一代で築き上げた富である。

マニー・ヴィリヤール上院議員はトンド地区の一般家庭に育ち、フィリピン大学・大学院(Business Administration)を卒業、会計士となった後、1975年、1万ペソの資本金を元に中古トラックを2台購入してビジネスを始めた。その後、彼の会社は成長を続け、東南アジア地域最大規模の住宅開発業者となった。

1992年、43歳で下院議員に立候補・当選、2001年には上院議員として当選した。2010年の大統領選挙にも早くから名乗りを上げており、アキノ元大統領の逝去によりノイノイ・アキノ上院議員が担ぎ出されるまでは、最も当選の可能性の高い候補でもあった。

マニー・ヴィリヤール上院議員は今やビジネス界の巨人であり、その経済力から大々的な選挙キャンペーンを行うことができるだろうが、庶民出身であるため、フィリピンの伝統的勢力(スペイン系・中華系財閥およびその周辺)からの支援は得られないだろう。

manny villar 03.jpg
マニュエル・マニー・ヴィリヤール上院議員

しかし、今後の大統領選挙を左右する有力候補であることには違いがない。


タグ:大統領選挙
posted by philnews at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン大統領選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。