スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年11月13日

行政刷新会議 事業仕分けとは

事業仕分けとは

事業仕分けとは、行政が行う事業の無駄をなくし、透明性を確保するために、民間の有識者を加えて「不要」、「継続」、「民間へ」などに分類する作業のことで、作業過程は市民に公開される。民間シンクタンク「構想日本」の加藤秀樹代表(元大蔵官僚、行政刷新会議の事務局長に就任)が2002年に考案した。

行政刷新会議は国が所管する約3000の事業のうち、規模が大きく、無駄遣いの可能性が高い約300の事業を対象に仕分けすることを決めた。担当する省庁別に3つの作業チームを発足させ、チームには国会議員7人と民間有識者約50人が参加、11月4日から聞き取り調査を始め、現地調査を経て、11日から公開の場で議論して事業の要不要、民間や地方移管の是非を検討し、11月末に結論を出す。

作業は鳩山首相が議長を、仙谷由人内閣府特命担当大臣(行政刷新)が副議長を務める行政刷新会議が主導する。

仕分け作業の期間は、11〜13日、16、17両日、24〜27日の計9日間。 2010年度予算概算要求の無駄を洗い出すもの。

日本の論点 事業仕分け
行政刷新会議ワーキンググループの開催について

問題点は、そもそも仕分けの対象が全体事業の10%程度に過ぎないこと、一事業あたりたったの1時間で結論を出すこと、そして、削減した予算がより効果的に使われる保障がないことである。

そうした意味で、今回の事業仕分けはあくまでも「民主党のパフォーマンス」と言える。また、この事業仕分けの結果は来年度予算にそのまま反映されるわけではなく、財務相の判断資料に加えられるだけだということだ。事業仕分けを行っても、決定権はあくまでも財務省と国会にある。

それにしても、この事業仕分け、政府閣僚内部からも批判が続出しているそうだ。

閣僚から「仕分け」批判…防衛相や総務相、農相

政府の行政刷新会議(議長・鳩山首相)が行っている「事業仕分け」作業に対し、13日の閣議後の記者会見で閣僚から批判が相次いだ。

北沢防衛相は、在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)の一部が仕分け対象となったことに対し、「日米間でも、もう少し透明性を高めなければいけないという議論があり、話し合いを水面下でやっている。対アメリカとの関係も考慮して、防衛省に任せて(日米間の)進展を見てからにしてもらいたい」と述べ、日米関係への影響に懸念を示した。

原口総務相も、同日の仕分け作業で地方交付税交付金が対象となることについて、「地方交付税は地方独自の財源だ。どこかで(必要性を)一方的に決めていいものではない」と反発した。赤松農相は、「(仕分けの中で)指摘する人たちが分かっていない点もある」と指摘した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091113-00000601-yom-pol


どうなんでしょうね?個人的には行政刷新会議のウェブサイトがしょぼすぎることが気になりました。

行政刷新会議


タグ:民主党
posted by philnews at 16:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

与党副大統領候補に俳優エド・マンザノ(Edu Manzano)−フィリピン大統領選挙

フィリピン大統領選挙では普通、大統領候補と副大統領候補がペアで立候補する。これはランニング・メイトとかタンデムを組むとか表現される。

人気のない与党候補ギルバート・テオドロ国防長官(Gilbert Teodoro)だが、彼とタンデムを組む副大統領候補が誰になるのか注目されていた。これまで、野党票を取り込むために野党NPC (Nationalist People's Coalition) から立候補を表明しているローレン・レガルダ上院議員(Sen. Loren Legarda)と組むとする説、また、知名度を高めるために与党に所属する人気俳優でもあるボン・レビリア上院議員(Bong Revilla)と組むとする説、はたまたアロヨ大統領自身が副大統領候補として立候補すべきだなどとする説が挙がっていた。

そして今日、発表された副大統領候補はエドゥアルド・エド・バリオス・マンザノ(Eduardo 'Edu' Barrios Manzano)だった。

Edu Manzano.jpg
エドゥ・マンザノ(Edu Manzano)

エドとして知られるエド・マンザノは1955年生まれのフィリピンの俳優。先日までABS-CBNのお昼のゲーム・ショウ「Game KNB」のホストを務めていたことで知られる。

1998から2001年にはマカティ市の副市長も務めており、2004年からはアロヨ大統領の指名を受けて海賊版DVDを取り締まる政府機関であるオプティカル・メディア・ボード(Optical Media Board :OMB)の議長でもあった。

また、現バタンガス州知事で国民的女優でもあるビルマ・サントス(Vilma Santos)および同じく国民的女優であるマリセル・ソリアノ(Maricel Soriano)の元夫としても知られている。

知名度は極めて高く、ギルバート・テオドロ大統領候補およびエド・マンザノ副大統領候補のペアが注目を集めることは間違いない。但し、フィリピンでは大統領と副大統領が別の陣営から当選することも普通なので、現状から見れば、これくらいでテオドロ候補が大統領に近づいたとは言えない。

【参考】Actor is Lakas bet for vice president
Profile of Edu Manzano
posted by philnews at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン大統領選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。