スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2010年04月13日

中国艦隊 沖縄近辺の「公海上」を通過?

中国艦隊が沖縄本島と宮古島の間の「公海」を通過したとの記事が時事通信から配信されたが、その中で平野博文官房長官は「公海上を通っているので、なぜ通ったと言うべきことではない」とコメントを述べている。

中国艦隊 沖縄本島と宮古島の間を通過


中国艦隊通過、問題視せず=平野官房長官

平野博文官房長官は13日午後の記者会見で、中国海軍の艦艇10隻が沖縄本島と宮古島間の公海上を通過したことについて「今なぜこの時期にという疑念は抱く」としつつ、「公海上を通っているので、なぜ通ったと言うべきことではない」と述べ、問題視しない考えを示した。
 一方で「わが国周辺における外国艦船の動向はしっかりと注視をしなければならない。これからも(同様の事案は)公表していきたい」と語った。(時事通信 2010年4月13日)

公海を通過したのだから文句は言えない。これはこれで国際法上仕方のないことかもしれない。そこで「公海」について調べてみた。

公海の定義


海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)の第86条では、公海について「いずれの国の排他的経済水域、領海若しくは内水又はいずれの群島国の群島水域にも含まれない海洋のすべての部分」としている。公海では航行の自由、人工島敷設の自由、漁業活動の自由などが認められている。

次に、海上保安庁のサイトで日本の領海について確認してみると

日本の領海等概念図
ryokai_setsuzoku2.png


ん?沖縄本島と宮古島の間に公海など存在しない。

つまり、この報道にある「公海」、平野官房長官のコメントにある「公海」という概念は国際法や日本政府(海上保安庁)の定める定義としての「公海」とは全く別の何物かであるらしい。

いや、一言でいうと誤りなのだ。

誤報か印象操作か?


上の地図を見ればわかるように、今回、中国艦隊が通過したのは日本の排他的経済水域内であり、決して公海ではない。それを公海と言い切ったのが日本政府の代表たる官房長官のコメントだった。

どうやら、今回の報道ならびに官房長官のコメントは明らかに情報操作・印象操作と言えるようだ。公海と聞けば、じゃあ仕方ないかという印象を受けるが、これが排他的経済水域と聞けば、日本によりかかわりがあるという緊迫感が伝わるからだ。

中国はフィリピンからの米軍基地撤退(91年)後、フィリピン等が領有権を主張するスプラトリー諸島(南沙諸島)を実行支配した。地図で確認すればわかるが、スプラトリー諸島は中国本土ととても離れたところにある、フィリピン・パラワン島の西にある島々であるのにだ。

Paracel_Spratly_Islands.png
スプラトリー諸島(南沙諸島)

実は昨年も中国は沖ノ鳥島近海(日本のEEZ内)で軍事演習してるし、その前には 海洋調査までしてるみたいだから、軍事バランスが崩れれば、沖ノ鳥島が中国に実効支配されないという保証はない。ちなみに中国は沖ノ鳥島を「岩」だと主張し、日本の排他的経済水域に異議を唱えている。MNS産経ニュース09年7月16日

日本の排他的経済水域を通過した中国艦隊


今回、日本の排他的経済水域を通過したのが確認された中国艦隊は以下の10隻である。

ソブレメンヌイ級2隻、
ジャンウェイU級1隻、
ジャンウェイT級2隻、
キロ級潜水艦2隻、
フーチン級補給艦1隻、
ダーラン級潜水艦救難艦1隻
トゥーヂョン級艦隊航洋曳船1隻

防衛省・統合幕僚監部の資料(PDFファイル)をダウンロードすると、艦船の写真も見ることが出来る。

どちらにしろ、普天間基地の移設問題で揺れている時期に中国が日本を刺激するような行動に出たことは謎ではあるものの、政府が国民に誤った印象を与えるためにわざわざ排他的経済水域を公海と呼び変えていたことは疑いようの無い事実のようだ。このようにして政府・マスコミによる国民への印象操作は行われているんだなあと確認のできた一件ではある。

ちなみに、日本政府が排他的経済水域を「公海」と呼んだものだから、さっそく中国政府にこの発言が逆手に取られているようだ。

近接飛行、「公海だ」=中国
【北京時事】中国外務省の姜瑜副報道局長は13日の定例会見で、中国海軍の艦艇から発艦したとみられるヘリコプターが海自護衛艦に接近して飛行したことについて、「具体的な状況は承知していないが、報道によると公海だった」と述べ、問題はないとの見解を示した。


タグ:中国
posted by philnews at 19:27 | Comment(7) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロヨ大統領 支持率史上最低

4月12日に発表されたSocial Weather Station(SWS)による最新の大統領選挙世論調査では自由党のノイノイ・アキノ候補が37%、国民党のビリヤール候補が29%と、8ポイント差で引き続きアキノ候補がリードしている。

大統領選挙 世論調査


ベニグノ・アキノ上院議員(Benigno Aquino III) 37%
マニュエル・ビリヤールJr上院議員 (Manuel Villar Jr.)29%
ジョセフ・エストラーダ元大統領 (Joseph Estrada )17%
ギルバート・テオドロJr前国防相  (Gilberto Teodoro, Jr.)8% 

1月まで順調に支持率を上げてきたビリヤール候補だが、ここ数ヶ月は下落に転じる一方、アキノ候補の支持率は下落傾向も止まり、安定した支持を持続している。ビリヤール候補の支持率低下の原因は前回もお伝えしたように情報源のはっきりしないブラック・プロパガンダによるものだが、その中でも最も効果的だったのが「ビリヤール候補はアロヨ政権の隠れた後継者である」というものだった。

そもそもが、アロヨ政権の正当後継者として指名された与党Lakas-Kampi-Christian Muslim Democrats (CMD)のテオドロ候補は選挙戦序盤から1桁台の支持率に留まり、支持率第3位のエストラーダ候補にさえ差を空けられていたが、ここへきて「アロヨ大統領の本当の後継者はビリヤール候補」という一言がビリヤール陣営を襲った。一方で、与党の党首を選挙戦の最中に辞任し、相対的にアロヨ大統領の影響力から遠ざかったと見られるテオロド候補の支持率がかすかにではあるが上昇していることも確認できる。

philippine election poll april 2010.jpg

Villar gains slightly in poll; Aquino still up

アロヨ大統領 支持率史上最低


しかし「アロヨ大統領の後継者である」「アロヨ大領領から支持されている」という噂が立つだけで支持率を大幅に下げるというのも物凄いが、これを裏付ける世論調査がある。

SWSが4月12日に発表した世論調査で、アロヨ大統領の支持率は16%、不支持率は69%となり、支持率から不支持率を引いた真の支持率は-53%と、過去最大となった。

これをアキノ政権以降の歴代大統領の真の支持率と比較すると、アキノ、ラモス、エストラーダとどの政権の支持率もマイナスに転落したことはないことから、圧倒的な差を付けてアロヨ大統領の不人気振りが示されたことになる。

フィリピン歴代政権支持率
philippine president supporting rate.gif

アロヨ政権は2001年のEDSA2でエストラーダ大統領を退陣させて成立したが、そのときでさえ史上最低の支持率であった。その後、アロヨ大統領は不正選挙と噂された2004年の大統領選挙で再選されたものの、選挙直後を除いて真の支持率がプラスとなったことが一度もないという稀に見る不人気な政権だった。

Social Weather Station
posted by philnews at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン大統領選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月12日

「たちあがれ日本」

平沼元経済産業大臣や与謝野元財務大臣らでつくる新党「たちあがれ日本」が4月10日、旗揚げされた。それにしても、ここまで魅力のない党をつくるとは、一体どういうことだろう?

496983991_b3fd3d4474.jpg
http://www.flickr.com/photos/grooble/

たちあがれ日本は魅力がない


まず、新党の中心が元財務相の与謝野馨。あのリーマンショック(08年9月)直後に「日本経済にもハチが刺した程度の影響はあるが、日本の金融機関が傷 むことは絶対にない。沈着冷静な行動が日本人に求められている」と言った発言は忘れることができない。結果、政府の対策は後手後手に回り、大型補正予算が成立したのは年を越えた09年5月だった(もちろん、小型の補正予算が2度実施されたこと、大型補正予算成立の遅れは当時の民主党による反対が大きく影響したことも指摘しておく)。リーマン・ショックから8ヶ月も経って行われた経済対策って・・・・・結果は見ての通り、日本経済はリーマン・ショックの震源地アメリカよりも大きく落ち込み、いまだに本格回復の兆しが見えてこない。経済の自民党が経済ダメダメならば、選挙で負けるのも仕方が無い(但し、政権交代後の民主党の経済政策はさらに酷い)。

そして、今回、園田博之衆院議員はフジテレビの番組で参院選に向けた具体的な公約を近く発表する考えを示した上で、消費税率について「段階的に上げていかないとな らない。なるべく早い時期にあと5%はお願いしないといけない」と述べ、まずは10%までの引き上げを公約に明記する方針を示した。とのことだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100411-00000024-jij-pol

つまり、この不況の最中に財政再建と増税を掲げて選挙に出ようというのである。

デフレ不況下での財政再建は命取り


このブログでは何度も述べているが、政府の財政悪化は税収落ち込みが第一の要因であり、それはデフレを伴った不況を根源としている。まず、このデフレ不況を止めない限り、財政が好転することはありえない。またデフレが続くかぎり、実質債務負担は増大していくので(デフレだと借金は目減りしない)、財政のバランスは悪化せざるを得ない。

この点を無視して、歳出を削減し、増税を行うことによって財政再建を達成しようとすれば、その思惑とは正反対に経済は縮小し、財政は破綻するだろう。

3867976586_ca85253ee5.jpg
http://www.flickr.com/photos/the2belo/

「たちあがれ日本」は自民党別働隊?


また「たちあがれ日本」は自民党別働隊なのではないか?との憶測が広まっている。夏の参議院選挙で自民党が民主党批判票の受け皿となりえないとの懸念から、その受け皿となる政党がどうしても必要だったというものだ。しかし、同じ選挙区に自民党候補と「たちあがれ日本」の候補が立候補すれば、反民主党の票が2つに割れて、自民・たちあがれともに共倒れするだけではないのか?

それにしても、1996年に始まった小選挙区制導入の目的は、そもそもが政権交代可能な二大政党制を実現することだったと思うが、それがいざ実現し、初めての本格的な政権交代が実現したとたんに自民党分裂・小党乱立とはどういうことだろう?
posted by philnews at 02:17 | Comment(5) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月04日

コーリー・アキノの活躍を描いた「A Dangerous Life」

この時期にこのドラマ??

A Dangerous Life.jpg
A Dangerous Life

コラソン・アキノ元大統領の活躍を描いたドラマ「A Dangerous Life」を見た。これは1983年に起きたベニグノ・アキノJr(Benigno Aquino, Jr.)の暗殺から 1986年のEDSA革命(2月22日-26日)によりマルコス元大統領が追放されるまでを描いた6時間ドラマで、1988年にオーストラリアのテレビ局によって制作されたものだ。

フィリピンでは、ホーリーウィークはテレビ局のスタッフの多くも休暇なので、映画とキリスト教関係の番組ばかりになるのだが、このドラマは木曜から土曜まで3夜連続で放映された。もちろん、コーリー・アキノの息子であり、大統領候補であるノイノイ・アキノを支援するために放送されたわけだが、企業スポンサーは一切つけていないらしく、CMは全てABS-CBNの番組宣伝だけだった。まさにABS-CBN(ロペス財閥)挙げての選挙活動である。

cory aquino.jpg
コラソン・アキノ大統領

外国人の目から見た映画らしく、まず、コラソン・アキノの鼻が不自然だ。鼻を低く見せようとしたためだろう、何か異様なメイクを施している。対するイメルダ・マルコスは美人に描かれすぎている。60年代ならいざしらず、80年代後半のイメルダはすでに60近いのに。まあ、そうした部分はさておいて、それぞれの役者はできるだけ実物に似た俳優を用いているようで、特に有名な俳優を配しているわけではない。

ferdinando marcos.jpg
マルコス大統領

話自体はできるだけ史実を忠実に再現しているようだった。そこで改めて感じたのだが、EDSA革命(ピープルズ・パワー)が起きたとき、コラソン・アキノは何もしていない。EDSA革命の主役はエンリレ国防相であり、ラモス参謀副長であり、ホナサン大佐を中心とする国軍改革派(RAM)だった。このマルコス大統領に叛旗を翻したエンリレ達が、自分達を守るため、シン枢機卿の協力を得てEDSA大通りを200万人とも言われる民衆で埋め尽くしたのであり、国軍の中からも反乱勢力への同調者が現れ、マルコスが劣勢に追い込まれていったのだ。このとき、アキノ自身はセブ島にいて、ただ祈るばかりだった。アキノがマニラに現れたのは大勢が決した後(2月24日)だ。そして25日、コラソン・アキノは大統領就任式を執り行い、翌26日にマルコスは国外へと脱出する。

edsa 1986.jpg
EDSA革命(1986)

このドラマの製作が88年なので、すでに政権交代後の複数回に渡る国軍改革派(RAM)によるクーデターやエンリレ国防相のアキノ政権からの離脱をも観察した上で脚本が作られたのだろう。なぜなら、この映画を見る限り、EDSA革命の主役はエンリレであり、RAMであり、アキノ大統領自身は何もしていない。にも関わらず、アキノ政権ではエンリレ国防相は望んでいたはずの首相には任命されず、RAMの最大の敵である共産主義者には寛容な政策がとられたのだから。ドラマの中で描かれたエンリレの面白くなさそうな表情が、その後のできごとの伏線となっている。

このように、筆者はこのドラマをエンリレを主役として見てしまった。そしてアキノ元大統領の優柔不断さを見取ってしまった。83年から86年までの一連の事態がこのように描かれたのはまさに、製作者が外国人だったからだろう。そうした意味で、このドラマ「A Dangerous Life」はどのていど選挙活動として有効だったのだろうか?果たして、有権者であるフィリピン国民はこのドラマをどう見たのだろうか?
posted by philnews at 05:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン大統領選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。