スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2010年05月25日

アリ(蟻)がパソコン(PC)を壊す!

毎回大変美しい写真が掲載されている「フィリピンの日々[Days Philippines]」に「我が家のNPA」という記事が掲載された。

主題はNPA(新人民軍)についてではなく、電子機器に集まるアリをそう表現したものなのだが、実は筆者もアリによる被害は数多くある。これまでPC(パソコン)のキーボードやラジカセ、そして目覚まし時計の中にアリの巣を作られ壊された。一番怖い思いをしたのは、部屋の電気スイッチの裏に巣を作られ、それが原因で回路がショートしたときだった。こればかりは下手をすると火事になっていたかもしれない。

ant 01.jpg
photo by viamoi

電子機器に集まる蟻(アリ)


アリのことはずっと気になっていたのだが、これを機会に少し調べてみた。するとアリによるパソコン被害などは東南アジアに居住する人たちのブログでチラホラ報告されている(蟻が、蟻が・・・ 蟻が!!!
)(SOS! パソコンからアリが大量発生)そして、どうやら一番詳しい専門家による記事(サイト)を見つけることができたので、紹介したい。
昭和50年前後に西日本を中心に、鉄道の信号機の故障が多発し、列車の運行に重大な支障が起きたことがありました。信号機を作動させ る装置は線路脇に設置されていて、中にリレー装置があり、信号電流に応じて信号燈を点滅するようになっています。この装置の中にルリアリが入り込み、リ レーが下がった時に挟まれて潰れ、信号電流が流れなくなったために生じた故障でした。(アリQ&A Q20-3

記事を読むと、日本でも昔から野外に設置された鉄道の信号機、公衆電話、そして時計などが度々アリの被害に遭っていた事が紹介してある。その仕組みはというと
電子機器を搭載した精密機械の中にアリが住みついて、アリの出す食べかすや分泌物のために電子回路が破壊されたり、機械の部 品の間にアリが挟まって電流が通りにくくなったり、部品が機能しなくなったために生じた故障(アリQ&A Q20-3)

だということだ。

アリがパソコンに巣を作る


そして電子機器の中にアリが住み着く理由は
このような電子機器の故障の原因になるアリは、ほとんどの場合ヒメアリとルリアリです。これらのアリは、自然状態では関東以南の温暖 な地方の人家の周りにある枯草や枯れ枝の茎に小さな穴を開けて巣にしていますが、家の中にも入り込む性質があります。一昔前までは、家に入っても壁と柱の 隙間などに巣を作る程度でしたが、最近急速に電子機器が小形化して一般家庭に普及したため、アリの格好の住みかになったようです。(アリQ&A Q20-3)

とある。つまり、どうやらアリは餌を目当てに集まってきているわけではなく、まさに巣を作る目的で最初からやって来るようだ。但し、単に巣にするだけかというと、そうでもなく「部品の潤滑油として植物性のひまし油などを 使用している場合、それはアリの好物なので、アリを引きつける働きがあります」(アリQ&A Q20-3)とのことだ。しかし、そもそもどうやってあれだけ多くのアリがPCをはじめとする電子機器へ集まるのかと言うと
これらのアリは、普段家の中に斥候アリがウロウロしていて、巣に都合の良い場所を探しています。その内の1匹がたまたま巣として絶好 の場所を探し当てると、そのアリはお尻から道しるべになる臭い物質を出して巣まで戻ります。すると仲間のアリ達がその臭いの道をたどって一斉に新しい巣に 引っ越してきます。引っ越しにかかる時間は、数時間かせいぜい一晩です!(アリQ&A Q20-3)

斥候部隊!これはまさにNPA(新人民軍)じゃないか!!(笑

記事からすると、どうやらフィリピンで多くの電子製品に被害を与えているのはヒメアリの仲間だと推察できる。対策としては「アリに一度取りつかれたら打つ手はありません。大事なことは、電子機器に侵入されないようにあらかじめ対策をたてることです」とあるので、本当、どこまでもNPAだなあと「フィリピンの日々」の記事のネーミングに敬服した。

【参考】
日本産アリ類画像データベース アリQ&Aコーナー
posted by philnews at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少子化社会白書→子育て白書へ名称変更


これまで少子化社会白書として発行されてきた政府白書の名称が子ども・子育て白書と変更され、さらには少子化対策に関する記述が大幅に減らされた。

担当者によれば「『少子化だ』といって尻をたたくのではなく、子育てを社会全体で支えることで、結果的に少子化を克服するということを明確にした」という説明だが、これはフェミニストが中心を占める現政権ならではの決定だろう。

children.jpg
photo by ajari

そもそも、フェミニストの論理から言えば、結婚するもしないも、子どもを産むも産まないも、女性の権利であり自由である。それを政府が少子化対策として「子どもを産め」と尻を叩くことなんてもってのほか。ただし、一旦、子どもを産む選択をしたら、女性が楽に子育てをできる環境をつくることは社会の責務。

こんなところだろう。

そうした意味で、今回の少子化社会白書から子ども・子育て白書への名称及び内容の変更は、極めてフェミニスト色の強い民主党・現政権ならではの決定だと言える。まあ、民主党というより、社民党の意向が強く働いているのかもしれないが。
posted by philnews at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月11日

【選挙速報】 マニー・パッキャオ当選確実 【フィリピン】

ミンダナオ島サランガニ州から下院議員選挙へ立候補していたボクシングWBOウェルター級世界チャンピオン(5冠)のマニー・パッキャオ選手(Emmanuel "Manny" Dapidran Pacquiao)が当選確実の様相を見せている。全票の開票が終わったわけではないが、途中経過の段階で、対立候補にすでに2倍の差をつけている。

Pacquiao02.jpg
マニー・パッキャオ選手

開票速報【5月11日11時10分現在 途中経過】

PACQUIAO, Emmanuel D. 76,718
CHIONGBIAN, Roy L. 37,618

サランガニ州の有権者数は約20万人。

パッキャオ選手の国政挑戦はこれが初めてではなく、2007年の中間選挙でも南コタバト州から下院議員へ立候補し、地元の有力政治家ファミリー出身の女性 カストディオ(Darlene Antonino Custodio)に139,061 vs. 75,908の大差で敗れていた。

今回の選挙では自ら政党People’s Champ Movementを率いて選挙活動を行っており、大統領候補のマニュエル・ビリヤールJr上院議員(Manuel Villar Jr.)と連立を組んでいた。

pacquiao.jpg
マニー・パッキャオ候補

パッキャオ選手は選挙に当選してもボクシング引退の意思は示しておらず、次の試合を11月に予定していると言われている。
posted by philnews at 13:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | フィリピン大統領選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリピン大統領選挙(総選挙) 選挙速報


5月10日に行われたフィリピンの大統領選挙(総選挙)では初めて電子投票システムが導入された。全国3万7千投票所に設置された76000台の電子投票機から選挙管理委員会へ携帯電話の回線等を通してデータが送られ、このデータが各報道機関等にも同時に送信される。このため、開票結果は時間を待たずに反映され、インターネットで確認することが出来る。

フィリピン 選挙速報


筆者が確認した中ではフィリピンの全国ネットのテレビ局「GMAネットワーク」が提供する開票速報が一番早くて便利なのではないだろうか?中央選管もネット上で開票結果を開示しているのだが、こちらはサーバー容量とアクセス数の問題からか、なかなか繋がらない。

また、GMAのサイトでは国政選挙(National Results)として大統領、副大統領、上院議員、政党リストの結果と、地方選挙(Congressional & Local)として各地の下院議員、知事、副知事、市長(町長)、副市長(副町長)の結果を選んで表示できるので便利だ。

フィリピン 選挙開票速報(GMAネットワーク提供)

2010年5月11日 10時19分現在(現地時間) 開票率81.20%

大統領選挙(定数1)
1 AQUINO, Benigno Simeon III C. 12,587,583
2 ESTRADA EJERCITO, Joseph M. 8,015,141
3 VILLAR, Manuel Jr B. 4,477,279
4 TEODORO, Gilberto Jr. C. 3,339,768
5 VILLANUEVA, Eduardo C. 944,487
6 GORDON, Richard J. 438,918
7 ACOSTA, Vetellano S. 146,195
8 PERLAS, Jesus Nicanor P. 43,988
9 MADRIGAL, Jamby A. 38,254
10 DE LOS REYES, John Carlos G. 36,159

副大統領選挙(定数1)
1 BINAY, Jejomar C. 12,368,307
2 ROXAS, Manuel A. 11,544,952
3 LEGARDA, Loren B. 3,383,890
4 FERNANDO, Bayani F. 867,237
5 MANZANO, Eduardo B. 621,232
6 YASAY, Perfecto R. 304,556
7 SONZA, Jose Y. 52,368
8 CHIPECO, Dominador Jr F. 42,213

上院議員選挙(定数12)
1 BONG REVILLA, Ramon, Jr. B. 16,278,589
2 ESTRADA, Jinggoy E. 16,000,905
3 DEFENSOR SANTIAGO, Miriam P. 14,658,391
4 DRILON, Franklin M. 13,411,073
5 ENRILE, Juan Ponce -. 13,264,799
6 CAYETANO, Pilar Juliana S. 11,606,964
7 MARCOS, Ferdinand, Jr. R. 11,228,357
8 RECTO, Ralph G. 10,469,463
9 SOTTO , Vicente III C. 10,087,299
10 OSMEÑA, Sergio III D. 9,801,086
11 LAPID, Manuel M. 9,179,228
12 GUINGONA , Teofisto III D. 8,710,515
13 HONTIVEROS-BARAQUEL, Ana 7,757,506
14 BIAZON, Rozzano Rufino B. 7,316,152
15 DE VENECIA, Jose III P. 7,069,411
16 REMULLA, Gilbert Cesar C. 6,374,291
17 LIM, Danilo D. 6,221,352
18 ROCO, Sonia M. 5,729,773
19 QUERUBIN, Ariel O. 5,570,346
20 PIMENTEL, Gwendolyn D. 5,337,256
21 ACOSTA, Jr. Nereus O. 4,981,665
22 LACSON, Alexander L. 4,372,733
23 TAMANO, Adel A. 3,367,267
24 MAZA, Liza L. 3,256,374
25 OSMEÑA, Emilio Mario R. 3,249,533
26 OCAMPO, Saturnino C. 3,000,045
27 TATAD, Francisco S. 2,836,006
28 LOZADA, Jose Apolinario Jr L. 2,318,708
29 MITRA, Ramon B. 2,284,492
30 LANGIT, Rey M. 2,265,928
posted by philnews at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | フィリピン大統領選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月10日

2010 フィリピン総選挙(大統領選挙) 投票日

今日(5月1日)はフィリピンの総選挙の投票日だった。同日に行われたのは大統領、副大統領、上院議員(半数)、下院議員、州知事、副知事、州議員、市長(副市長)・町長(副町長)、そして市会議員、町会議員選挙であり、バランガイ(村)レベルと上院議員の半数を除く全ての議席を対象とする総選挙だった。

フィリピンの電子投票システム


今回の選挙ではフィリピンで初めて電子投票システムが導入されたのだが、一週間前(5月3日)に行われたシステムの試運転の段階で、機械が上手く作動しない技術的問題が発覚。急遽76000台分のメモリーカードを入れ替えるという大騒動があった。一時は、投票日の延期が心配されていただけに、なんとか延期なしに投票に漕ぎ付けただけでも奇跡か。

但し、そもそもフィリピンは電化が進んでいないからなのか、停電したからなのか、電子投票システムが動かない地域も多くあった。大統領への当選が確実視されているノイノイ・アキノ候補自身が赴いた投票所でも電子投票システムは稼動していなかったくらいだ。ちなみに、アキノ候補は10時に地元タルラック州の投票所へ到着し、投票を待つ人たちの列に並び、投票できたのがようやく午後2時。大統領候補(現職上院議員)でも4時間待ちとは恐れ入る。電子投票というスタイルに慣れていないことから、これまでの手作業での投票よりも待ち時間が延びたようだ。そのため、朝の7時から夜の6時までと決められていた投票時間が当日の午後になって、いきなり夜7時までと1時間延長された。まあ、この辺のよく言えば臨機応変、悪く言えば行き当たりバッタリなのはいかにもフィリピンらしい。

philippine election.jpg
Photo by chardinet

フィリピン選挙 各地の混乱


ところで、テレビを見ているだけでも各地で混乱が伝えられた。そのうち、特に気になったものをいくつかだけを紹介すると

「15歳の子どもが投票していた」(これは本人がTVインタビューに悪びれることもなく答えていた。フィリピンの投票権は18歳以上)
「電子投票システムの調子が悪いので、今日は家に帰って、明日投票するよう言われた」(もちろん、投票可能なのは今日だけ)
「投票所へ行ったら、もう自分は投票が終わったことにされていた」(別人が成りすまして投票したのだろう)
「停電で電子投票システムが動かなかったので、テレビ局のクルーが撮影用の電源を貸した」(立派なことだが、そこまでしないと使えないシステムって?ていうか、予備電源は?)
「機械が動かなかったので、ボールペンで突付いたら動いた」(なんか、信頼できない機械だなあ)

そして、もちろん、全国で買票(買収)が大々的に行われたことは言うまでも無い。
philippine election 02.jpg
Photo by chardinet

選挙速報


電子投票システムを導入したことにより、早くも選挙の結果が判明してきている。今回の電子投票では、結果が自動的に選挙管理委員会へ送られると、同時に、選挙監視団体や報道機関などに送信されるようになっている。前回(2004年)の大統領選挙では、開票作業が全部手作業だったため、大統領の当選宣言は、就任式(7月1日)直前の6月25日だった。それと比べると極めて早く結果が判明することになる。

選挙速報の第一報は以下の通り(キリスト教系選挙監視団体Parish Pastoral Council for Responsible Votingによる全国985投票所(一部)の集計結果)

ベニグノ・アキノ上院議員(Benigno Aquino III)111,191
ジョセフ・エストラーダ元大統領(Joseph Estrada )85, 756
マニュエル・ビリヤールJr上院議員(Manuel Villar Jr.)69, 756
ギルバート・テオドロJr前国防相 (Gilberto Teodoro, Jr.)35, 909

全国の投票所の数は約3万7千箇所なので、まだ、結果の一部に過ぎないが、大方の予想通り、ノイノイ・アキノ候補がリードしている。

−以下追記(23:00)−

現地時間22:47(開票率49.38%)の速報結果は以下の通り

大統領選挙(定数1)

1 AQUINO, Benigno Simeon III C. 7680525
2 ESTRADA EJERCITO, Joseph M. 4893266
3 VILLAR, Manuel Jr B. 2633205
4 TEODORO, Gilberto Jr. C. 2011048
5 VILLANUEVA, Eduardo C. 591167
6 GORDON, Richard J. 296986
7 ACOSTA, Vetellano S. 81712
8 PERLAS, Jesus Nicanor P. 25519
9 MADRIGAL, Jamby A. 23279
10 DE LOS REYES, John Carlos G. 21046

副大統領選挙(定数1)

1 BINAY, Jejomar C. 7701554
2 ROXAS, Manuel A. 6980679
3 LEGARDA, Loren B. 1989178
4 FERNANDO, Bayani F. 552388
5 MANZANO, Eduardo B. 330443
6 YASAY, Perfecto R. 189627
7 SONZA, Jose Y. 31944
8 CHIPECO, Dominador Jr F. 23732

上院議員選挙(定数12)

1 BONG REVILLA, Ramon, Jr. B. 9489032
2 ESTRADA, Jinggoy E. 9464744
3 DEFENSOR SANTIAGO, Miriam P. 8703431
4 DRILON, Franklin M. 7962074
5 ENRILE, Juan Ponce -. 7914997
6 CAYETANO, Pilar Juliana S. 6930721
7 MARCOS, Ferdinand, Jr. R. 6883870
8 RECTO, Ralph G. 6191178
9 SOTTO , Vicente III C. 6096034
10 OSMEÑA, Sergio III D. 5706050
11 LAPID, Manuel M. 5361195
12 GUINGONA , Teofisto III D. 5159190
13 HONTIVEROS-BARAQUEL, Ana 4677333
14 BIAZON, Rozzano Rufino B. 4378926
15 DE VENECIA, Jose III P. 4222825

【参考】Inquirer.net 
posted by philnews at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン大統領選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。