スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2010年05月25日

アリ(蟻)がパソコン(PC)を壊す!

毎回大変美しい写真が掲載されている「フィリピンの日々[Days Philippines]」に「我が家のNPA」という記事が掲載された。

主題はNPA(新人民軍)についてではなく、電子機器に集まるアリをそう表現したものなのだが、実は筆者もアリによる被害は数多くある。これまでPC(パソコン)のキーボードやラジカセ、そして目覚まし時計の中にアリの巣を作られ壊された。一番怖い思いをしたのは、部屋の電気スイッチの裏に巣を作られ、それが原因で回路がショートしたときだった。こればかりは下手をすると火事になっていたかもしれない。

ant 01.jpg
photo by viamoi

電子機器に集まる蟻(アリ)


アリのことはずっと気になっていたのだが、これを機会に少し調べてみた。するとアリによるパソコン被害などは東南アジアに居住する人たちのブログでチラホラ報告されている(蟻が、蟻が・・・ 蟻が!!!
)(SOS! パソコンからアリが大量発生)そして、どうやら一番詳しい専門家による記事(サイト)を見つけることができたので、紹介したい。
昭和50年前後に西日本を中心に、鉄道の信号機の故障が多発し、列車の運行に重大な支障が起きたことがありました。信号機を作動させ る装置は線路脇に設置されていて、中にリレー装置があり、信号電流に応じて信号燈を点滅するようになっています。この装置の中にルリアリが入り込み、リ レーが下がった時に挟まれて潰れ、信号電流が流れなくなったために生じた故障でした。(アリQ&A Q20-3

記事を読むと、日本でも昔から野外に設置された鉄道の信号機、公衆電話、そして時計などが度々アリの被害に遭っていた事が紹介してある。その仕組みはというと
電子機器を搭載した精密機械の中にアリが住みついて、アリの出す食べかすや分泌物のために電子回路が破壊されたり、機械の部 品の間にアリが挟まって電流が通りにくくなったり、部品が機能しなくなったために生じた故障(アリQ&A Q20-3)

だということだ。

アリがパソコンに巣を作る


そして電子機器の中にアリが住み着く理由は
このような電子機器の故障の原因になるアリは、ほとんどの場合ヒメアリとルリアリです。これらのアリは、自然状態では関東以南の温暖 な地方の人家の周りにある枯草や枯れ枝の茎に小さな穴を開けて巣にしていますが、家の中にも入り込む性質があります。一昔前までは、家に入っても壁と柱の 隙間などに巣を作る程度でしたが、最近急速に電子機器が小形化して一般家庭に普及したため、アリの格好の住みかになったようです。(アリQ&A Q20-3)

とある。つまり、どうやらアリは餌を目当てに集まってきているわけではなく、まさに巣を作る目的で最初からやって来るようだ。但し、単に巣にするだけかというと、そうでもなく「部品の潤滑油として植物性のひまし油などを 使用している場合、それはアリの好物なので、アリを引きつける働きがあります」(アリQ&A Q20-3)とのことだ。しかし、そもそもどうやってあれだけ多くのアリがPCをはじめとする電子機器へ集まるのかと言うと
これらのアリは、普段家の中に斥候アリがウロウロしていて、巣に都合の良い場所を探しています。その内の1匹がたまたま巣として絶好 の場所を探し当てると、そのアリはお尻から道しるべになる臭い物質を出して巣まで戻ります。すると仲間のアリ達がその臭いの道をたどって一斉に新しい巣に 引っ越してきます。引っ越しにかかる時間は、数時間かせいぜい一晩です!(アリQ&A Q20-3)

斥候部隊!これはまさにNPA(新人民軍)じゃないか!!(笑

記事からすると、どうやらフィリピンで多くの電子製品に被害を与えているのはヒメアリの仲間だと推察できる。対策としては「アリに一度取りつかれたら打つ手はありません。大事なことは、電子機器に侵入されないようにあらかじめ対策をたてることです」とあるので、本当、どこまでもNPAだなあと「フィリピンの日々」の記事のネーミングに敬服した。

【参考】
日本産アリ類画像データベース アリQ&Aコーナー


posted by philnews at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少子化社会白書→子育て白書へ名称変更


これまで少子化社会白書として発行されてきた政府白書の名称が子ども・子育て白書と変更され、さらには少子化対策に関する記述が大幅に減らされた。

担当者によれば「『少子化だ』といって尻をたたくのではなく、子育てを社会全体で支えることで、結果的に少子化を克服するということを明確にした」という説明だが、これはフェミニストが中心を占める現政権ならではの決定だろう。

children.jpg
photo by ajari

そもそも、フェミニストの論理から言えば、結婚するもしないも、子どもを産むも産まないも、女性の権利であり自由である。それを政府が少子化対策として「子どもを産め」と尻を叩くことなんてもってのほか。ただし、一旦、子どもを産む選択をしたら、女性が楽に子育てをできる環境をつくることは社会の責務。

こんなところだろう。

そうした意味で、今回の少子化社会白書から子ども・子育て白書への名称及び内容の変更は、極めてフェミニスト色の強い民主党・現政権ならではの決定だと言える。まあ、民主党というより、社民党の意向が強く働いているのかもしれないが。
posted by philnews at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。