スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年06月04日

フィリピン 日本人 新型インフル感染


驚くニュースが飛び込んできた。

とうとう、フィリピンで日本人に新型インフルエンザ感染者がでた。

患者は超有名私立大学であるデラサール大学へこの6月から通う予定になっていた日本人交換留学生で5月12日にフィリピンへ到着、29日に症状が出たとのことだ。

この影響によりデラサール大学は6月4日から14日までの10日間を全学休校とした。

留学生は到着から17日経ってから症状がでているので、フィリピンで感染したものと考えられている。


これで、フィリピンでの新型インフルエンザ感染者は22人となったが、その22人目が日本人だった。フィリピン在住の日本人は2万人程度、フィリピンの人口は約9000万人。日本人の占める率は4500分の1に過ぎない。それなのに、22番目が日本人とは。

これは、つまり、フィリピンの中に感染者はもっと、もっといるんじゃないだろうか?病院へ行かず、自宅療養しているのかもしれない。なにしろ、フィリピンでは保険制度が整っていないから、ちょっとしたことでは病院へ行かないケースも多い。

なんにせよ、患者の早期回復と、インフルエンザの早期収束を願う。ちなみに、フィリピンの新聞記事(Inquirer)では日本の新聞(朝日)よりも詳細な状況が報道されているが、患者が「外国人交換留学生」と記述され、日本人であることは伏せられていた。日本への配慮なのかもしれない。


posted by philnews at 00:00 | Comment(0) | フィリピン新型インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。