スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年08月08日

田中康夫


日本は総選挙だ。そして、今度の選挙では政権が変わる。

もう、自公連立政権から民主党政権へと政権交代が起こることは誰にも止められない流れだろう。そうした中、私が注目しているのは兵庫8区である。

兵庫8区(尼崎市)は小選挙区制になってから、一貫して公明党・冬柴鉄三(元国土交通大臣)の地盤だった。中選挙区の時代から数えれば、なんと、7期23年間に渡って、議席を保持してきた牙城だ。ここへ今回、民主党が田中康夫(参議院議員)を擁立した。田中康夫は新党日本の代表だが、参議院で民主党と会派を組んでいる。

尼崎市は不思議な土地柄で、2期目を務める白井文市長も共産党推薦の無所属であり、もともとの自公民推薦現職候補を破っての当選だった。つまり、尼崎市民は全国にさきがけ変化を求めていたのだ。いくら強力な公明党・冬柴とはいえ、今回の逆風の中では相当に苦しい立場に置かれたのだ。いや、はずだった。

しかし、ここで思いも寄らぬことが起こった。民主党の主体である連合兵庫が、こともあろうに田中康夫不支持を決定したのだ。これは、田中擁立が民主党中央の小沢一郎が独断で決めたことであり、事前の相談がなかったことに対する反発と、田中康夫が連合も支持していた神戸空港の建設に対して反対運動を行っていたことが原因だと言われている。つまり、ここへ来て民主党・左翼特有の党派性を剥きだしにして、勝てる選挙にわざわざ負けようというのだ。まさに、敵に塩を送る、勝利直前のオウンゴールである。

一つの目的に向かって小異を越えて大同団結すること。緊急性を要する問題や、大きな敵を倒す時には必ず必要となる要素である。なのに、日本の革新勢力はそれができない。小選挙区でも民主党、社民党、共産党の得票数を合計すると自民党に勝てた選挙区はこれまでもいくらでもあった。なのに、それら革新勢力は小さな違いを超えられないから、協力できず、敗北を続けてきたのである。そうして自民党長期政権を存続させてきたのだ。

そして兵庫8区である。近年稀に見る追い風を受けながら、民主党はみすみす敗北しようというのだ。今回の総選挙で政権交代は起こるが、民主党のボロは、実は、選挙前にすでに現れているのである。

あとは、尼崎で市民によるミラクルが起こるかどうかに注目したい。


posted by philnews at 01:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
田中康夫 落ちて!!!

尼 悪く する だけ
Posted by at 2009年08月30日 17:08
私は民主の考え方よりも、田中康夫氏を推しています。
Posted by マートル at 2009年09月13日 13:01
マートルさん
コメントありがとうございます。
私は田中康夫の公約のひとつ「ベーシック・インカムの導入」を是非実現してほしいと思っています。少数政党かつ閣僚入りもしていないので、実現は難しいにしても、国会内、民主党内で大きな論議を巻き起こして欲しいです。
Posted by philnews at 2009年09月13日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。