スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年09月25日

与党議員がノイノイ・アキノ支持 フィリピン大統領選挙

8月13日の記事「フィリピンの国会」で、「フィリピンでは政党の意味があまり強くない、それは、国会議員は大統領選挙で勝利した大統領の政党へと鞍替えするからだ」と書いたが、すでにその動きが始まっている。

「多くの下院議員が、5月の大統領選挙ではベニグノ(ノイノイ)アキノIII上院議員を支持したいと考えている」とセブ州選出で与党 Lakas-Kampi-CMD に所属するアントニオ・クエンコ下院議員(Antonio Cuenco)は語った。

クエンコ氏によると、個人的に話をした100人近くの与党議員のうち、半数以上はアキノ上院議員を支持したいと考えている。また、アキノ上院議員の他には、野党 Nacionalista Party 党首マニュエル・ビラール上院議員(Manuel Villar)も人気があり、その次がやっと与党候補である国防長官ギルバート・テオドロ氏(Gilberto Teodoro)となる。

但し、ほとんどの下院議員はこの時期にアキノ支持を表明しないだろう。なぜなら、アキノ候補は野党 Liberal Party の候補であり、今、野党候補を支持表明すると、下院議員に与えられる地方開発資金(CDF:ポークバレルとして知られている)が大統領により削減される可能性が高いからだ。

またクエンコ氏は「状況はまだ流動的であり、議員たちは最も勝つ可能性の高い候補へと流れるだろう」と付け加えた。

【参考】Solons going for Aquino


posted by philnews at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン大統領選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。