スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年09月28日

台風16号 日本の新聞報道比較

今回の台風16号によるマニラの洪水被害の状況が、日本でどのように伝えられているのか、日本のテレビが見れないのでわからない。そこでとりあえず、ネットで確認できる新聞社の記事をいくつか比較してみた。

時事通信(9月27日20時28分配信)
記録的豪雨で73人死亡=過去40年で最悪、5万9000人避難−比

【マニラ時事】フィリピンの首都マニラなどを26日に襲った熱帯低気圧による記録的豪雨で、国家災害対策本部は27日、マニラやその近郊で73人が死亡したことを明らかにした。洪水による家屋浸水などで5万9000人以上が避難、約34万人の生活に影響が出た。
 26日の豪雨は、マニラの1日の降雨量としては1967年以降で最大を記録。インクワイアラー紙(電子版)によれば、浸水が高さ5メートルに達する場所もあった。広範囲で停電が発生し、交通が寸断されるなど首都圏の都市機能がまひした。
 政府はマニラ首都圏とその近郊の州が災害状態にあると宣言し、救助活動を急いでいるが、犠牲者はさらに増える恐れがある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090927-00000080-jij-int

時事通信によると「約34万人の生活に影響が出た」らしいが、これは「今わかっているだけで、34万人が住む家を失った」のであり、「生活に影響が出た」程度の人間は数百万人に上るだろう。これはフィリピン政府の用いる「Affected Person」を被災者と訳さずに、「生活に影響が出た」と直訳したためだろう。また、マニラを襲ったのは台風ではなく「熱帯低気圧」とされているが、これも気象庁の発表によると「26日午前9時ごろフィリピンのルソン島の東で熱帯低気圧が台風16号に変わりました。」とあるので、マニラを襲ったのは「台風16号」である。

毎日新聞(9月27日20時35分配信)
<フィリピン>ルソン島で豪雨 73人が死亡、23人不明に

【マニラ矢野純一】フィリピン・ルソン島で26日から熱帯低気圧による豪雨があり、比政府は27日、マニラ首都圏や周辺地域で少なくとも73人が川に流されるなどして死亡したと発表した。行方不明者は23人に上り、犠牲者の数はさらに増えるとみられる。

 政府はルソン島を中心に国家災害事態を宣言。国軍によると、マニラ首都圏近郊のリサール州タナイ町では、川がはんらんし、30人が死亡するなど同州だけで計42人が死亡した。マニラ首都圏と同州を中心に約30万人が家を失ったという。

 マニラ首都圏では26日には全域の約80%が冠水。大規模な停電も発生し、都市機能はまひ状態となった。27日になり、水が引き始めたが依然、25%が冠水している。

 国軍がボートやヘリコプターで、水没した住宅の屋根などに避難した住民の救出作業を続けている。複数の地域で土砂崩れが起きているとの情報もある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090927-00000045-mai-int

毎日新聞でも、豪雨をもたらしたのは「熱帯低気圧」らしい。しかし、その他の部分については「約30万人が家を失った」「マニラ首都圏では全域の約80%が冠水」「都市機能が麻痺」「27日にも依然25%が冠水」など正確に状況を把握しており、国軍による住民の救出の様子なども描かれていて、被災地の状況が目に浮かぶものとなっている。

読売新聞(9月27日15時52分配信)
台風16号、比で73人死亡・23人不明
【マニラ=稲垣収一】フィリピンの国家災害対策本部は27日、同国北部を通過した台風16号の影響により首都マニラ周辺各地で洪水や土砂崩れが発生し、少なくとも73人が死亡、23人が行方不明になったと発表した。

 軍や警察は、濁流に流された住民らの救助活動を続けているが、犠牲者はさらに増える恐れがある。

 台風は26日朝から27日未明にかけてルソン島中部を横断し、マニラは1日あたりの降水量が過去40年余りで最多となる記録的な豪雨に見舞われた。

 周辺では、河川の氾濫(はんらん)による家屋の流失や道路の冠水が相次ぎ、高速道路や空港などの交通網が寸断されたほか、停電も続いた。家屋の浸水などで避難所に逃れた住民は約6万人、被災者数は約34万人にのぼっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090927-00000415-yom-int

読売新聞は無難に、間違いもなく、発表された情報を整理している印象を受ける。ただ、もう一歩踏み込んだ記述も欲しかった。

朝日新聞(2009年9月27日20時50分配信)
フィリピン、台風直撃で73人死亡 被災30万人か

【バンコク=山本大輔】フィリピンのルソン島で26日、台風16号の直撃による豪雨があり、首都マニラや周辺地域で洪水が起きている。政府による と、27日夕までに73人が死亡、23人が行方不明となった。浸水や地滑りが各地で発生し、被災者は30万人にのぼっているという。日本政府筋によると、 これまでに日本人の死者・行方不明者の情報はない。
 死者の多くは首都圏近郊や周辺地域で出たが、首都圏でも全体の4分の1の地区が冠水。送電線や電話線が切断されるなど市民生活に大きな影響が出ている。マニラでは26日朝からの9時間で416ミリの降雨を記録し、1967年以来の豪雨となった。
http://www.asahi.com/international/update
/0927/TKY200909270131.html

前回のエントリーで指摘した朝日新聞の記事である。この「首都圏でも全体の4分の1の地区が冠水」という記述。これだけでもう、現地にいる人間から見るとなんだかなあである。ここは毎日新聞が記述したように、台風の当日(26日)は約80%、「27日にも依然25%が冠水」が正しい。それから「日本政府筋によると、 これまでに日本人の死者・行方不明者の情報はない」という部分であるが、これ、別に日本政府筋は在留届けを出している人に対しても何の連絡も取っていないし、メールでの呼びかけ等も行っていない。 だから、日本政府筋も報道機関かフィリピン政府が情報を発表(提供)するまで、日本人の情報なんてわからないのではないだろうか?と思う(被災者本人が救援要請したり、報告を入れれば別)。


とりあえず、4社の新聞報道を比較してみたところ、毎日新聞の報道が最も正確で、なおかつ、描写が優れているように感じられた。しかし、どの新聞社も多くて10行程度の記事に過ぎず、扱いが小さいんだなあと思った。フィリピンにとっては首都を直撃した歴史的な大水害なのに。今回は比較の対象としていないが、唯一、別格で詳細な記事を配信しつづけているのが、AFPBBNewsである。日本の新聞各社にも下の記事を参考にしてほしい。

そういえば、日本ではニュースにさえならなかった5月9日にルソン島を襲った台風2号の記事を唯一写真取材していたのもAFPBBNewsだった。海外メディアと国内メディアのスタンスの違いだろうか?

いずれにしても、フィリピン政府発表の数字は今回の台風(洪水)で最も被害の大きかったマリキナ市(人口46万人)の被災者数がカウントされていないので、被災者数は今後数倍に膨らむ可能性がある。
posted by philnews at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(2) | フィリピン台風・洪水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

HELP Philippines 直接フィリピン赤十字へ寄付してください。RT @yokoono
Excerpt:        日本政府よ。    他人ゴトではないだろ。      それとも    他国の出方、他国の顔色、覗ってんのか?       だとすると、    そんな卑屈な政府はねぇだろ..
Weblog:  ばんそこ のBLOG
Tracked: 2009-09-28 07:47

Help Philippines 06年外務省ARCHIVE …ポッポちゃん舎弟なにしてんのか?
Excerpt:     こういう…、読みながらティシューペーパー何枚も遣うニュース記事。 (鼻いてぇっつーの。)  その下に こんなこと書くのは失礼かも知れないけど     なんで、日本..
Weblog: “Mind Resolve” 〜 北半球で台風通過路線が同方向の友好国で大勢ヒトが死んでても呑気に相撲を観戦してるのが総理大臣じゃぁ…なあ。
Tracked: 2009-09-29 00:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。