スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年09月28日

フィリピン・マニラ洪水 犠牲者数100人超

台風16号(現地名:Ondoy)によりもたらされた洪水による犠牲者が100人を超えることが確実となった。

フィリピン政府は、現在までに50万人近くが避難している今回の大規模洪水災害について、あまりにも規模が大きくて対応できていないと語った。

土曜日の災害発生から未だに取り残されている人々の所へ到着すること、病気の流行に備えること、生存者に援助を行うこと、これら全てが必要とされることだ。

国家災害調整委員会(NDCC)の関係者は「我々は大規模救援活動に集中しているが、組織も自治体も圧倒されている」「我々は普段、一つの市か1つ2つの州を救援するのに慣れており、今回のように、次々とやってくることはなかった。組織の資材も、人員もあまりにも薄く配置せざるを得ない」と語った。

今回の洪水ではマニラ首都圏の8割以上が冠水し、月曜日になっても冠水したままの地区が残る。また、未だに屋根の上で救援を待つ人たちもいる。

混乱した中、首都圏の一部地域では電話、電気が不通であり、避難所でも食料、飲料水、衣料が不足している。

政府は28日午前6時現在、86人が死亡し、32人が不明、435000人が避難したと発表している。

しかし、これらは大幅に増加しそうだ。なぜならラジオ局は「マリキナ市で新たに58人の死亡が確認された」「ケソン市バゴンシラン地区で29人の遺体が発見され、108人が未だに不明」と伝えたが、この数は政府発表の中に含まれてない。バゴンシラン地区のリーダーは「この数はまだ政府職員に報告してない」と語った。

救援部隊が水没地区に到達するにつれて、発見される犠牲者の数が増加している。「多くの住民が家財道具を守るため、家に残ったのではないか」と国防相は語った。

これまでに7900人が政府のレスキュー部隊によって救出されている。

RP 'overwhelmed' by disaster
(UPDATE 7) 'Ondoy' toll rises to more than 100 - reports



フィリピンで台風猛威
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/asia/306359/
posted by philnews at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン台風・洪水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。