スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年09月28日

台風16号 フィリピン・マニラ洪水 被災者数(9月28日)

9月28日(月)16時更新の国家災害調整委員会(NDCC)のレポートでは、今回の台風16号での犠牲者数は140人と発表された。

被災者合計 92203家族 453303人
避難所数 207
避難所内避難者数 23147家族 115990人
避難所外避難者数 7791家族 36421人
死亡 140人
不明者32人
負傷者5人
政府による救出者合計 7908人

死亡者(140人)の内訳は以下の通り

モンティンルパ市 3人
ケソン市 2人
マリキナ市 1人
サンホアン市 1人
コリディリエラ地方 1人
ブラカン州24人
パンパンガ州12人
バタンガス州 1人
ケソン州 1人
リサール州 82人
カビテ州 2人
ラグナ州 10人

【出典】National Disaster Coordinating Council(NDCC)

何度も繰り返すが、これらの数字は過小に見積もられている。
マリキナ市のプロビデント・ビレッジ(Provident Village)で59体の遺体が発見された。マリキナ市警察署によると他にもバランガイ・コンセプション・ウノ(Conception Uno)で7人、周辺地域で6人の遺体が発見され、マリキナ市だけで合計72人が死亡したという。また、東部警察署によると、月曜日の午後までにマリキナ市で73人、パッシグ市で6人、サンホアン市で2人、合計81人が首都圏東部だけで死亡したという。また、報道によるとケソン市のバゴンシラガン地区(Bagong Silangan)で29人が死亡し、100人を超える不明者が出ている。

しかしこれらの数はNDCCのレポートではカウントされていない。今後、台風16号による犠牲者が何人になるのかは、まだ予想がつかない段階にある。

【参考】Conflicting death counts in Marikina, Rizal

映像はマニラの中心、ケソン市サンタメサ地区にあるUERM(University of the East - Ramon Magsaysay Memorial Medical Center:イースト大学ラモンマグサイサイ記念病院)の台風当日(26日)の様子


posted by philnews at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン台風・洪水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。