スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年09月29日

フィリピン台風16号 被害状況 29日6時更新

NDCCが29日午前6時に発表したレポートによると、26日にフィリピンを襲った台風16号による被災者数は以下の通り。

被災者数 319881家族 1872036人
避難所数607
避難所内避難者数 74695家族 374890人
避難所外避難者数 40047家族 234658人
死者 240人(首都圏 101人、CAR 3人、リージョンIII 33人、リージョンIV 99人)
不明者 37人
負傷者 5人
救出されたもの12359人

【出典】National Disaster Coordinating Council(NDCC)

前日と比べ、死者数が100人の増加、これまで40万人とされていた被災者数が180万人へと急増しているのが特徴だが、これは、状況の落ち着いた地域から、ようやく情報が入るようになったことを意味しており、被災者数の増加はラグナ州、リサール州、カビテ州の被災者数が報告され、加算されたことによる。

まだ状況の落ち着いていないマリキナ市をはじめとする首都圏の被災者数はほとんどカウントされていない。死者数についても、先日から指摘しているマリキナ市、ケソン市での死者数のほとんどはカウントされておらず、これら、政府により発表され、報道されている数字は、状況が落ち着くまでは今後も増え続けるものと見られる。

なお、マリキナ市やリサール州の一部など、もっとも被害の大きかった地域を除いて、電気および水道は復旧しており、首都圏マニラも学校が休校されている以外はほぼ、平常どおりの生活へと復帰している。
posted by philnews at 18:42 | Comment(5) | TrackBack(0) | フィリピン台風・洪水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マニラ市内PACOの孤児院にボランティアに兄がいるんですが連絡が取れません。大勢の子供達、スタッフ皆大丈夫でしょうか?大使館等に問い合わせても門前払い同然どうか教えて下さいお願いします
Posted by 岡本厚子 at 2009年09月30日 15:14
岡本厚子さん
私もPACO地区の状況はわかりませんが、Googleの
「Typhoon Ondoy Situation Map」を見る限り、今回の台風の犠牲者は首都圏東部のマリキナ川周辺に集中しています。また、PACO地区はERMITA地区の隣に位置しますが、ERMITAは50cm程度の冠水で済んだようです。普段でもフィリピンは電話が掛かりにくい国ですので、今は災害直後でよけいに掛かりにくいのかもしれません。
Posted by philnews at 2009年09月30日 17:19
ご返答頂きありがとうございました。人口透析もしなければいけないので心配でなりませんでした。皆さんもどうか気をつけてください
Posted by 岡本厚子 at 2009年09月30日 22:35
日本時間21過ぎ兄から連絡が入りました。施設の子供達、スタッフ全員二階に非難して無事との事です。ありがとうございました。
Posted by 岡本厚子 at 2009年10月01日 23:49
岡本厚子さん
よかったですね。私もほっとしました。
ご連絡いただきありがとうございます。
Posted by philnews at 2009年10月02日 02:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。