スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年09月30日

フィリピン 台風16号  被災地マップ(地図)



台風16号被害状況:国家災害調整委員会(NDCC)9月30日午前6時発表

被災者数 373,675家族  2,254,915人
避難所内避難者数 78,892家族  389,616人
避難所外避難者数 63,989家族  346,581人
死亡者 246人
不明者 42人
負傷者 5人
救出者数 31333家族 73,892人

【出典】National Disaster Coordinating Council(NDCC)

これはGoogle Mapを利用した、台風16号の被災地マップ(地図)である。情報はネットユーザーがラジオ、テレビ、インターネットなどの様々な情報をもとにマッピングしたものである。


View Typhoon Ondoy Situation Map for Metro Manila in a larger map

この被災地マップからわかるとおり、今回の台風16号の洪水による被災者は首都圏マニラ東部を流れるマリキナ川周辺、特に、川が蛇行するあたりに集中していることがわかる。この地域は今回の台風16号で最も被害が大きかったと見られるマリキナ市、リサール州カインタ町が含まれている(地図左の+マークをクリックしてMapを拡大するとよくわかります)。
posted by philnews at 18:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | フィリピン台風・洪水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

既に日本政府が2000万円分の支援を決めていた件は存じておりませんでした。被害額と比べて規模は小さいですが迅速に対応していたようでよかったです。といっても被災者の方々はこれからが大変でしょうし、行方不明の方々もまだまだおられるようですが。。ブログ主様のお住まいは被災地域から離れているのですか?

ところで、数日前のエントリで鳩山首相のCO2削減目標に関して話題にしておられましたね。本日、官邸でのぶらさがりで首相が排出権取引と増税について言及していました。また経済的な影響の試算を改めて関係閣僚に指示したようです。結局まったくの見切り発車だったわけです。

私は別の理由で新政権を応援していないのですが、もう何と言いますか。。景気対策についてもブログ主様の見解とほぼ同じです。マニフェストを見る限り彼らは特別なことは何も考えていません。もっと問題なのはマスコミが問題点の指摘をまったくしていないことです。選挙がマスコミ主導で進行していた点にも触れられておられましたが、ほぼ同感です。

、、と愚痴っぽくなってしまい申し訳ございません。海外にお住まいですとインターネット経由ということもあるのか客観的に物事を見つめられるのですね。
Posted by finestriker at 2009年09月30日 20:59
finestrikerさん

コメントありがとうございます。

私の住んでいるところは、被害の大きかった地域からははずれていましたので、いわゆる床上浸水だけで済みました。

鳩山首相の発言についての書き込み、ありがとうございます。朝日の記事を読んできました。CO2削減について「あらゆる手段をつく、使ってですね、実現をしていく」との意気込みを語っていますが、本当は、それくらいの意気込みで日本経済をまず立て直すべきなのになあと思いました。おっしゃるとおり、何の算段もなく、麻生首相が15%と言ったから、自分は25%っと言っただけなのでしょう。

マスコミの影響は本当に大きいと思います。たまに日本からの来訪者などと話していると「麻生は漢字も読めない、あれはひどすぎ」とか、本来政治と全く関係ない政権批判を始めたりしますから。溢れ返るマスコミ情報に晒されて、自分の意見が左右されているのでしょうね。

今はマスコミも民主党絶賛の時期にありますが、一時期絶賛されていたホリエモンが手のひらを返されて超悪役にされたのと同じように、なんらかのきっかけがあると、マスコミも手のひらを返すかもしれません。
Posted by philnews at 2009年09月30日 21:56
犯罪ヲ犯したホリエモンと一国の総理ヲ同列ニ扱ウトハ笑止千万デスナ・・。
マニラに住ンデルト頭モボケマスカ?
「内需拡大」の重要性ヲ一度考エテミテナ!

早々。
Posted by トンド at 2009年10月01日 07:57
>床上浸水だけで済みました。

大変なご苦労をされているというのに能天気な書き込みをしてしまい本当に失礼をいたしました。27日の記事を先に確認しておくべきでした。

>マスコミも手のひらを返すかもしれません。

さてどうなるのでしょう。私には予想もつきませんが、これから参議院選までの1年間民主を擁護し続けるのはさすがに無理な気もいたしますが、。
Posted by finestriker at 2009年10月01日 10:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129193793

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。