スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年11月13日

与党副大統領候補に俳優エド・マンザノ(Edu Manzano)−フィリピン大統領選挙

フィリピン大統領選挙では普通、大統領候補と副大統領候補がペアで立候補する。これはランニング・メイトとかタンデムを組むとか表現される。

人気のない与党候補ギルバート・テオドロ国防長官(Gilbert Teodoro)だが、彼とタンデムを組む副大統領候補が誰になるのか注目されていた。これまで、野党票を取り込むために野党NPC (Nationalist People's Coalition) から立候補を表明しているローレン・レガルダ上院議員(Sen. Loren Legarda)と組むとする説、また、知名度を高めるために与党に所属する人気俳優でもあるボン・レビリア上院議員(Bong Revilla)と組むとする説、はたまたアロヨ大統領自身が副大統領候補として立候補すべきだなどとする説が挙がっていた。

そして今日、発表された副大統領候補はエドゥアルド・エド・バリオス・マンザノ(Eduardo 'Edu' Barrios Manzano)だった。

Edu Manzano.jpg
エドゥ・マンザノ(Edu Manzano)

エドとして知られるエド・マンザノは1955年生まれのフィリピンの俳優。先日までABS-CBNのお昼のゲーム・ショウ「Game KNB」のホストを務めていたことで知られる。

1998から2001年にはマカティ市の副市長も務めており、2004年からはアロヨ大統領の指名を受けて海賊版DVDを取り締まる政府機関であるオプティカル・メディア・ボード(Optical Media Board :OMB)の議長でもあった。

また、現バタンガス州知事で国民的女優でもあるビルマ・サントス(Vilma Santos)および同じく国民的女優であるマリセル・ソリアノ(Maricel Soriano)の元夫としても知られている。

知名度は極めて高く、ギルバート・テオドロ大統領候補およびエド・マンザノ副大統領候補のペアが注目を集めることは間違いない。但し、フィリピンでは大統領と副大統領が別の陣営から当選することも普通なので、現状から見れば、これくらいでテオドロ候補が大統領に近づいたとは言えない。

【参考】Actor is Lakas bet for vice president
Profile of Edu Manzano


posted by philnews at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン大統領選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。