スポンサードリンク
フィリピン英会話ネット
2009年12月14日

環境NGO 日本に化石賞 ‐ COP15−



日本、COP15で「化石賞」 NGO「交渉阻んだ」

国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)に参加している国際的な環境NGOは12日、日本が交渉進展を阻んだとして「化石賞」を贈った。交渉のた たき台である国連作業部会議長案が、温室効果ガス排出の削減を先進国にだけ義務づける京都議定書を、2013年以降も延長することを提案したことに日本が 反対しているためだ。(asahi.com)


COP15に参加している国際的な環境NGOが12日、日本が交渉進展を阻んだとして日本に「化石賞」を贈ったとのことだ。しかし、この記事だけでは、化石賞が何なのか?どの程度の不名誉なのかが判然としない。そもそも、その環境NGOというのは、会議場の外で暴力的なデモを繰り返すグループなのか?

まずCOP15とは何かというと

COP15とは?

COPは、締約国会議(Conference of Parties)の略です。COPは、国連気候変動枠組条約(UNFCC)を受けて設置された会議で、年に一度、各国の環境に関わる省庁の大臣が集まり、 同条約の成果について話し合います。2009年のこの会議は、12月7日から18日までの2週間にわたり、 デンマークの首都コペンハーゲンで行われる予定です。会議の目的は、京都議定書に定めのない2013年以降の地球温暖化対策を決定し、各国の同意を求める ことにあります。


COPとは国連気候変動枠組条約の成果について、年に一回、各国の大臣が集まり話し合う「締結国会議」のこと。今回は第15回目の会議であることからCOP15と呼ばれている。国連気候変動枠組条約は日本では地球温暖化防止条約とも訳されるが、現在、187か国および欧州共同体 (EC) が締結している。有名な京都議定書は1997年、京都で開催された第三回締約国会議(COP3)で採択されたもの。



では、今回、日本に与えられた「化石賞」とは何なのか?というと


「化石賞」とは
地球温暖化対策に前向きな取り組みを見せない国に対して、NGOがバッドジョークとして与える不名誉な賞。1999年のCOP5(ドイツ・ボン)において初められ、以来、恒例のセレモニーとして、継続的に実施されている。気候変動問題に取り組んでいる世界のNGOのネットワークであるCAN(気候変動アクション・ネットワーク)が、会議の会期中、各国の交渉に臨む姿勢を毎日評価し、地球温暖化防止交渉にマイナスな発言をした国など「本日の化石賞」に選定し、公表している。


「化石賞」の正式名はFossil of the Day(本日の化石賞)であり、会議の会期中、毎日贈呈されており、Fossil of the Day Award  で公表されている。

次に、化石賞を贈呈する環境NGO「CAN(気候変動アクション・ネットワーク)」とは具体的に何なのか?というと

The Climate Action Network (CAN) is a worldwide network of roughly 500 Non- Governmental Organizations (NGOs) working to promote government and individual action to limit human-induced climate change to ecologically sustainable levels.

気候変動アクション・ネットワーク(CAN)は、人間活動による気候変動を環境的に持続可能なレベルに制限するための、政府と個人のアクションを促進することを目的に活動する世界中約500のNGOのネットワークである。

とのことだ。

どうやら環境NGOネットワークが「ジョーク」でやっているだけの話らしい。ちなみに、COP15でこれまでに化石賞を贈られた国々は

2日目
1位:ウクライナ
2位:EU以外の先進国全て
3位:ウクライナ

3日目
1位:カナダ、クロアチア
2位:ロシア

4日目
1位:ポーランド
2位:ドイツ
3位:ニュージーランド

5日目
1位:カナダ
2位:カナダ
3位:EU

6日目
1位:日本
2位:パプア・ニューギニア

となっており、特に日本だけを特別に叩いているわけでもない。



朝日新聞の記事では、如何にも日本が不名誉な賞を受賞したかの印象を受けたが、こうして見ると取り立てて騒ぐほどの話でもなさそうだ。もちろん、そもそも温暖化対策に力を入れていないアメリカ、中国に化石賞が贈られないのは変な話だが。




posted by philnews at 20:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログを立ち上げたばかりの者で、相互リンクをしていただきたく、コメントさせていただいております。ご迷惑でしたら、申し訳ございません。
http://seo.link-z.net/xxxdddb/link/register
もし、こちらから登録していただけるようでしたら幸いです。よろしくお願い致します。
DhY
Posted by xxxdddb at 2009年12月14日 22:20
人民日報では、日本が温暖化対策に最も前向きではないために化石賞が送られたと報道している。
日本はなぜ、こうもアピールが下手なのか!
GDPあたりのCO2排出量を中国の半分にすると宣言すれば良いのではないか。そうすれば、まだまだ余裕があって、以下に中国が無駄に排出しているかを知らしめることができる。
Posted by at 2010年12月03日 08:55
コメントありがとうございました。

同意します。

日本は70年代の石油ショック後に徹底した省エネを行ったことにより、エネルギー効率がずば抜けて高い国となっています。そのことがGDP当たりのCO2排出量を世界一低く抑えている理由であり、これ以上の省エネは難しいでしょう。

もし、これ以上のCO2排出量抑制をしようと思えば、GDPそのものを引き下げる=生活レベルを下げることに繋がると考えられます。

それに対し、アメリカや中国は省エネが進んでおらず、無駄が多いわけですから、世界で考えるならば、どの国がCO2排出量抑制に取り組むことが合理的なのか簡単に答えが出そうですよね。
Posted by philnews at 2010年12月03日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。